狭い範囲のインプラント植え込み

インプラント厚木implant
インプラント秦野

歯科インプラント手術の際に、隣接する歯に近い位置にインプラントを埋め込む場合、隣接歯に当たらないようにするためにドリルのエクステンションが使用されることがあります。これは、インプラント手術中に正確な位置を制御し、周囲の組織や歯に損傷を与えることなくインプラントを挿入するための道具です。プレシジョンとコントロール:隣接歯に近い場所にインプラントを埋め込む際、正確な位置と深さを確保することが重要です。ドリルのエクステンションは、歯科医師が手術をより正確に制御し、隣接歯にダメージを与えずに作業を進めるのに役立ちます。エクステンションは、到達できない位置への骨に到達させるためにしようして、ドリルを安定して位置に保持する役割を果たします。これにより、ドリルの動きが制御され、誤った方向や深さへの進行を防ぐことができます。