審美歯科厚木 セラミック作成セットする手順

ceramic

前歯が抜けると外見や機能に支障をきたし困ると思います。

喪失した部分にインプラントを行い歯を入れる手順について

インプラントは手術後3~6か月で癒着してきます。上顎の方が骨が柔らかいので待つ期間は長い傾向にあります。

癒着したインプラントは歯の土台となるアバットメント(アバット)を接続して既定のトルクを掛けてシッカリ結合させます。上顎の前歯では角度付きのアバットを使用する事が多いです。(そのままストレートのアバットを接続させると出っ歯になり恰好が良くない)

以前はかたどりして石膏模型にして技工所に送り、歯の技工をして製品を送り返してきていました。(1~2週間必要です)

私の診療所では先端技術であるセレックコンピューターシステムを以前から使用して技工処理の効率化を図ってきています。

このコンピューターシステムではその場で従来のかたどりせずに、光の反射を利用してコンピューター上の仮想空間に立体構造を作成して、削り出しのロボットにセラミックの歯を削り出させ、ファーネスで(1000℃~1600℃)焼き上げてその日に歯は完成します。工期が短縮されて来院その日に治療が終了します。

突然歯が1本歯が無くなってもその日に歯が出来て治療は終了します。