インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

高濃度ビタミンCの抗癌作用口腔癌に応用

MenuBar

Google

アメリカでは高濃度ビタミンCは多数の医師が行なっている

抗がん剤ガン医療を最初に告発した近藤誠医師

抗がん剤は無意味
手術は無意味 リンパ節郭清は死亡を早める
がん検診は無意味 医師は検診を受けない
手術後機能不全や外見の悪化に悩む

高濃度ビタミンC点滴で診療をおこなっている先生

高濃度ビタミンC点滴+糖質制限

  

糖質制限

私自身に高濃度ビタミンC 元気ハツラツビタミンC

高濃度ビタミンC点滴等の療法

https://riordanclinic.org/
Therapies - High Dose IV Vitamin C
  

口腔の細菌と癌アマルガムの神経毒根管治療と癌

点滴療法会 柳沢先生資料より
薬理学的高濃
度のアスコルビン酸(ビタミンC)は
選択的にガン細胞を殺す
− 組織に過酸化水素を運ぶプロドラッグとして −
薬理学的高濃度のビタミンCはアスコルビン酸ラジカルと
過酸化水素を細胞周囲に選択的に生成する。

画像の説明
Pharmacologic ascorbic acid concentrations selectively kill cancer cells: Action as a pro-drug to deliver hydrogen peroxide to tissues.
Qi Chen*†, Michael Graham Espey‡, Murali C. Krishna‡, James B. Mitchell‡, Christopher P. Corpe*, Garry R. Buettner§, Emily Shacter†, and Mark Levine*

NIH:アメリカ国立衛生研究所 
NCI:  アメリカ国立癌研究所 
FDA: アメリカ食品医薬品局

ビタミンCは鉄イオンと反応して癌周囲で過酸化水素(H2O2)を発生する
正常細胞はカタラーゼ反応で分解されるので影響受けない
癌組織周囲ではカタラーゼ反応が起き難いので影響受けやすい

過酸化水素はDNAミトコンドリヤ解糖系に影響して癌細胞を破壊する

画像の説明

9L-神経膠芽腫 (悪性脳腫瘍細胞)
治療群にはビタミンCを1日2回 4mg/g/BWを腹腔内投与
コントロール群には生理食塩水を1日に2回腹腔内投与
ビタミンCを投与すると癌の転移が見られなかった

画像の説明

Biochemical and Biophysical Research Communications
より

High dose of ascorbic acid induces cell death
in mesothelioma cells.

Yukitoshi Takemura, Motohiko Satoh, Kiyotoshi Satoh,
Hironobu Hamada, Yoshitaka Sekido,Shunichiro Kubota.

高濃度のアスコルビン酸は中皮腫の細胞死を誘導する

     東京大学大学院総合文化研究科   愛媛大学大学院
          愛知がんセンター研究所   名古屋大学大学院

CMAJ 2006
Intravenously Administered Vitamin C as Cancer Therapy:
Three cases.
ビタミンC点滴療法が奏功したガン症例(3例)
腎臓癌・膀胱癌・悪性リンパ腫
カナダ医師会雑誌 CMAJ 2006;174(7):937-42
NIH:アメリカ国立衛生研究所 
NCI:  アメリカ国立癌研究所 
マギル大学(カナダ)医学研究所 他

画像の説明

腎臓癌の事例:ビタミンC点滴療法を開始1ヶ月後
(両肺野に多発性転移巣が認められる)

画像の説明

Padayatty, S. J. et al. CMAJ 2006;174:937-942

点滴療法開始7ヶ月後に転移巣の消退が認められた。
(矢印は1箇所だけ残った転移巣)

画像の説明

Padayatty, S. J. et al. CMAJ 2006;174:937-942

転移癌の消失例

 

消失が確認できる
画像の説明
画像の説明

高濃度ビタミンC点滴療法の研究
2005年 卵巣がん、子宮頚がん、子宮体がん
    (米国・カンザス大学癌センター)
2006年 末期固形がん
    (Cancer Treatment in America病院)
2008年 悪性リンパ腫   (米国・ジェファーソン大学) 
2008年 悪性リンパ腫    (日本・東海大学医学部)
2008年 ビタミンC点滴療法の安全性試験
    (カナダ マギル大学)
2009年 非小細胞性肺がん  (カナダ・マギル大学)
ビタミンC点滴療法のQOLへの効果
ビタミンC点滴療法は進行癌患者の全身倦怠、易疲労感、痛み、不眠、食欲不振を改善する。
韓国医師会雑誌2007

高濃度ビタミンC点滴療法のがん患者
QOL(生活の質)に関する前向き調査研究
4週で60%以上が改善

画像の説明

高濃度のビタミンCは
理想の化学療法剤である

副作用↓  免疫力↑ QOL↑

高濃度ビタミンC療法の適応
(1) 現在は有効な治療法がない
(2) 抗がん剤、放射線療法が無効
(3) 現在治療中の抗がん剤に併用
(4) 抗がん剤では副作用が強すぎる
(5) 手術までの待機中における術前療法

αリポ酸ウクラインビタミンC ナルトレキソン

注射用ビタミンC製剤
Bioniche社製 Ascorbic Acid Injection
     USP 500mg/ml 25g/50ml
・ McGill大学、Kansas大学の臨床研究に採用。
・ 国産製剤は防腐剤添加のために使用不可。
・ ビタミンC溶液にはPHの調整のためにNaOH,
  NaHCO3を含有しているので、Na負荷による
  心不全や腹水の悪化に注意。  
【ナトリウム含有量】 NaClとして9.1g/VC50g
高濃度ビタミンC禁忌
1. G6PD欠損(低下)症
2. 活動型心不全
3. 高度の腎不全・透析中
  *安全に関する十分なデータがない
G6PD欠損症について
(1) G6PD欠損症では高濃度ビタミンC点滴療法により急性溶血発作を生ずるため、必ずG6PD活性値を測定する。
(2) 東南アジア(1〜3%)、アフリカ(1〜8%)に多い。
(3) 伴性劣性遺伝: 女性がキャリアとなり男性に発症。
(4) 50g以上のビタミンC点滴で溶血の危険性がある。
(5) 発熱、抗酸化サプリメントや抗生物質の服用などの条件が重なると25gでも溶血を起こす可能性がある。

ビタミンC濃度が抗癌作用を起す以前の濃度では、抗菌 抗ウイルス作用を発揮する。口腔内と周囲の感染症例えば歯周病やカンジタ、
ヘルペス(単純ヘルペス 帯状疱疹等は神経領域にウイルスが潜んでいる)等に適応できる。 

IVCと化学療法(2) 併用禁忌
メトトレキサート(Methotrexate)   【商】メソトレキセート
【化学療法の分類】 代謝拮抗薬
【適応症】 白血病、悪性リンパ腫、消化器系癌、乳癌
       肉腫、腎・尿路・膀胱腫瘍、自己免疫疾患
【注意】 尿が酸性側に傾くと,メトトレキサート結晶が尿細管に沈着するので、尿のアルカリ化、十分な水分補給を行い、尿排泄を促すよう考慮しなければならない
  メトトレキサートの投与前24時間、投与後48時間におけるIVCは禁忌である。

画像の説明

「ビタミンCの経口投与で尿管結石の発症はない」

         J Am Soc Nephrol. 1999 Apr;10(4):840-5.
        (Brigham and Women's Hospital、ハーバード大学、米国)
尿管結石の既往のない85,557人の女性を14年間観察、尿管結石の発症とビタ
ミンCを含む栄養素の摂取について検討した。その結果、ビタミンCの摂取は
尿管結石の発症に全く関与していなかった。また、ビタミンB6の十分な摂取は
尿管結石の発症を減少した。
 「高濃度ビタミンC点滴療法による尿管結石の発症はない」
        Metabolism. 2009 Feb;58(2):263-9(McGill 大学、カナダ)
カナダのマギル大学のHoffer教授らは、高濃度ビタミンC点滴療法における
シュウ酸の排泄は僅かであった。少なくとも腎機能が正常である限り、IVCに
よる尿管結石はや腎結石は起きにくいと結論した。

1年間に新たにがんにかかった人

2010年の推計値で80万人を超えたことが、国立がん研究センターがん対策情報センターの最新統計で明らかになった。記録が残る35年前の約4倍で、80万人を超えたのは初めて。高齢化の影響が大きいとみられる。生涯でがんにかかる確率は男性60%、女性45%と試算している。

高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)の開始
(1) G6PD活性測定の採血後に初回のIVCをする。
(2) 15g,25g,50g,62.5gと増量。連日の増量も可。
(3) ビタミンC濃度を測定して維持量を決定する。
(4) 点滴終了直後に反対側の腕から採血。測定を依頼。点滴直後の血液サンプルで他の検査はしない(異常値が出る)。
(5) 治療濃度3,500~4,000μg/ml (350-400 mg/dl)に達するビタミンC投与量を決定。62.5g 〜75gが多い。
血清ビタミンC濃度の治療目標値(抗癌作用)
3500μg/ml~4,000μg/ml (350mg/dl~400mg/dl)
癌細胞死滅濃度

Tag: 高濃度ビタミンC 抗がん作用 がん治療 口腔癌 抗菌作用 抗ウイルス作用

a:12018 t:7 y:7

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional