インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

顎関節症 三叉神経痛治療 プラセンタとは

MenuBar

Google

プラセンタ(商品名ラエンネック)

顎関節症に使用し殆どの方に関節痛の改善がみられた

治癒の根拠根拠は開発者の先生の理論による所ですが、
結果として結合組織の改善、三叉神経痛等の痛みに関しては中枢神経興奮を落ち着けて,血管の痙攣等を是正し結果として 
ポンタール程度の鎮痛効果を及ぼしているようだ。
私自身 心室性期外収縮(2段脈 3段脈状態)が半年位続き
循環器科に受診して投薬を受けたが改善しなかったので、数回点滴投与行ってみたら、全く期外収縮は消失。
家族に心電図PQ時間の延長のブロックを指摘されたので、皮下注射を行ったらブロックの異常が消失。
家で飼っていた犬が危篤状態(原因はハッキリしないが倒れたまま)になって、動かなくなったので連日注射したら、数日で走りまわるようになり回復、ただし半年で死亡した。知り合いの犬にも同様な事が起こり、使用したら同様に改善して普通に活動するようになった。やはりこの犬は老衰で半年位で死亡
(基礎疾患は治っているわけではないので死亡したと考えられる)
不思議な薬だと感じた。傷の治りは早めます、足の脛を大きく擦りむいた時滲出液が出てなかなか瘡蓋が出来なかった時、プラセンタを垂らすと、翌日には瘡蓋が傷を覆う。(私の経験)

顎関節症は

関節の何らかの異常によって、関節痛 関節音 開口障害
関節周囲の痛み 耳の異常(コステン症候群等の症状) 頚や肩の痛み等の痛みや機能障害を生じる。

関節の構造 

頭蓋骨の側頭骨に関節円盤と呼ばれる軟骨を介して、下顎骨の関節が
接続する。関節は関節包に覆われて結合する。関節の周囲は咬筋 側頭筋 内側翼突筋 外側翼突筋 その他多くの筋肉で機能する関節、左右一対で機能する関節は体の中での唯一。 

一般的な治療

かみ合わせを確認して左右のバランスを取る
マウスピースの様な物を作成して関節の安静を行なうように指導する
大きな物を口の中に入れるので煩わしくて使用できない人が多く効果が期待できない。(経験的に保険に有るから行なう程度で、左程
効果の有る治療ではない)

繊維筋痛症の場合

マイヤーズカクテル点滴で治療可能な場合が有る。

プラセンタの治療例

プラセンタで有名な先生

注射薬「ラエンネック」の開発者 稗田憲太郎博士 久留米大学

プラセンタとは(商品名ラエンネック)

胎児を母体内で育てる臓器で主に胎盤とへその緒(臍帯)

プラセンタを使用する意義ある理由
人の一個の胚細胞は10ヶ月で60兆個まで増殖と、各臓器と器官を作り上げる。
プラセンタはその為に様々な生理活性物質を合成し胎児に与え続ける。

原料について

国内の正常分娩の細菌 ウイルス感染を排除し、最後に過熱滅菌した物が製品となっている

有効成分

細胞増殖因子(Growth factor)
細胞の設計図となる遺伝子情報を運物質 胎児を10ヶ月で新生児に作り上げる為旺盛に合成分泌される。細胞には寿命があり、速やかに新しい細胞に置き換えられなければ人間の機能が正常に保てません。老化は増殖因子が減り新陳代謝が行われ難くなった状態と考えられます。
外部から補う事で若えられる可能性を持っています。
サイトカイン
細胞増殖因子の中でも免疫細胞(Tcell Bcell マクロファージ等)を分化 増殖させるのをサイトカイン
とよび、自然治癒 免疫能を賦活 調整している。
RNA
DNA情報は細胞再生に関わりその情報はRNAによって伝達され細胞合成の役割を担っている
DNA情報の異常は例えば活性酸素の様な物で生じ癌化したりするがその異常を正す作用がある

稗田憲太郎博士の研究から
中枢神経系に作用する
小児麻痺 卒中の発症後浅い時期に使用すると運動麻痺が著明に改善。これは荒廃した神経細胞の再生では無く、神経線維網に新しい伝達系が出来、残存神経細胞からの刺激が末梢に伝えられるから。
夜尿症の子供に使用すると尿意を感じて治る。(尿意の脊髄反射が大脳反射と合して無い)脳髄の活性を促し眠って入る時に尿意を感じるようになる。
動物実験で条件反射の獲得が早期に生じる
突発脱疽 間歇性跛行 胃潰瘍 十二指腸潰瘍等に有効。血管神経の持続的興奮を緩解して動脈管の慢性的痙攣を是正、血流改善による。
高血圧にに有効なのも同様な理由による、つまり血管壁が肥厚して高血圧が持続する前であれば、脳の興奮状態を是正する事によって改善する
基礎代謝の亢進
人間活力の表現であり、全身所臓器の機能状態のバロメータである。
一つの臓器の異常が他の臓器に影響し基礎代謝に異常をきたす。
個々の臓器に目を向けず、基礎代謝の低下の是正が持続的な長寿につながる。
甲状腺摘出動物 あるいは睾丸摘出動物に投与すると著しく代謝改善になる
臓器のグリコーゲン貯蔵を促す
ES細胞は胎盤の指示の元14種に分化 増殖 成熟 の過程をとる10ヶ月で60兆個に分裂を起こし胎児となる。
増殖はがん細胞の増殖曲線と類似していているが、胎盤は強力に癌化を抑制している。
細胞の増殖だけでなく各種臓器の形態機能を作る指示を出している。
外部攻撃に対する免疫機能を胎児に付与する。
細胞が増殖するうえでDNAの遺伝子情報を持っているが、GF(growth factor)がリボゾームに個々の
GFを運ぶ事によって4種の核塩基で構成されているDNA RNA情報により(蛋白合成で)細胞が合成される。
DNA情報はRAN情報に置き換えられ、細胞合成が行われているのだが。DNAの変異による癌化は
RANにより細胞合成の際に阻止される巧妙な事が行われているようだ。
GFは必要に応じて細胞増殖コントロールを行っている。
確認されているGF
HGF(肝細胞増殖因子)
NGF(神経細胞増殖因子)
EGF(上皮細胞増殖因子)
FGF(繊維芽細胞増殖因子)
CFS(コロニー形成刺激因子)
IGF(インシュリン様成長因子)
TGF(形成転換増殖因子)
IL1(インターロイキン1)
IL2(インターロイキン2)
IL3(インターロイキン3)
IL4(インターロイキン4)
なおインターロイキン等のサイトカインは免疫に関連するGF
歯科での応用として
歯槽膿漏の治療の補助・味覚低下・口内炎・舌炎
顎関節痛・神経痛 筋肉痛等 その他不定愁訴に対して
皮下注射、筋肉注射でおこなう。

稗田憲太郎博士臨床使用について
肝硬変 肝炎 テンカン ケロイド 脱疽 卒中 喘息 肝班 原爆症 等の改善
前立腺肥大では排尿困難な状態の改善 謡人結節の治癒(嗄声)については興味深い間質結合織の増殖の改善に関与している事を示唆している。

顎関節症で何でも無い歯を削りたくないと考えませんか?
削っても治らないかも知れません。削ると歯を傷めます。
プラセンタ注射 1A 2000円
ノイロトロピン注射2千円顎関節他の慢性痛 口腔異常感覚
a:10600 t:5y:3

Tag: 顎関節症 三叉神経痛 プラセンタ ラエンネック ノイロトロピン 不定愁訴

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional