インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

抗癌剤ウクライン

MenuBar

Google

抗癌剤ウクラインとは
クサノオウと抗がん剤チオテパの科学結合した薬剤

ウクラインの特性

1注射後速やかに癌組織に移行して細胞死を引き起こす正常細胞に悪影響がほとんど無い

2毒性濃度と有効濃度の比投与許容量(TI)は1250で安全性が高い(一般的な抗がん剤は1.5前後)

3癌組織周囲の新生血管の生成阻害作用によって腫瘍の増殖を抑制

4ナチュラルキラー等のリンパ球の活性化によって免疫の増強作用

5結論として副作用がほとんど無く癌を選択的に細胞死させる理想的な抗がん剤

6殆どの科学療法の代用として使用できる

例えば83%程の扁平上皮癌に対しては収縮効果が期待出来る

舌がん(正確には舌下腺癌)の治療 左肺と腰椎に転移している為に通常の治療手段は無効 高濃度ビタミンC ウクライン療法

腺様嚢胞癌に対して著効で1クール(40A)で癌の収縮が起きました。
インディバによる40℃以上の温熱療法等の複合的な治療
患者さんのご好意により治療の感覚を伺った。ウクラインによる
副作用は感じない。抗がん剤の癌に対しての効果としての刺激感は有る。初診時癌により舌は硬く拡大していたため、物が飲み込み難かった。現在はかなり柔らかく(触診)舌の機能を多少回復、しかし痺れ感は回復は困難な様だ。大きな錠剤が以前は駄目だったが、現在は飲める様になったとの事。癌を静止あるいは縮小させ(理想的には消失)普通の生活が送れる事の重要性を感じると思う。
患者さんは忙しく仕事追われる日々です。理想的には頻繁に点滴治療の必要があるのですが、患者さんが忙しすぎてその点多少残念です。
インディバを自分に行った場合、舌に加熱を行うと舌から喉と胸辺りまで熱を感じる。
実際癌の部分に加熱すると熱は上がりやすく(舌下で40℃以上になる)、数日の加熱によって癌の部分は痛みを生じる。以後ジョジョにウクラインとの複合する効果と思われる、癌の縮小が示唆される、それに伴う舌の柔らかさと食物摂取の改善が見られる。ウクラインの鎮痛作用と思われる転移部位の腰痛が消失している。ビタミンC25Gとウクライン4Aで患者さんのQOLは改善している。

適応に口腔癌 頭頚部癌
種類 舌癌 歯肉癌 唾液腺癌(舌下腺癌 顎下腺癌 等 )   
部位 下顎癌 上顎癌 頬粘膜癌 口腔底癌 等
クサノオウの特別な抽出液とチオテパから作られたウクラインは様々な癌の治療に用いられます。
使用法はウクライン 5mg/1AなのでビタミンC(25g)溶液に4A 20mgを溶解して点滴(250ml) 
40Aを1ヶ月程で投与して効果判定 効果あれば腫瘍の縮小消失まで継続する。

悪性黒色腫消失例

悪性黒色腫ウクライン投与後消失

αリポ酸ウクラインビタミンC ナルトレキソン
以下 ウクラインサイトより引用
ウクラインは、先ず何よりも専ら癌細胞にのみ作用する抗癌剤で、投与から数分以内に癌細胞に集中します。ウクラインは癌細胞の細胞死を引き起こしますが、化学療法と全く異なり、治療のための投薬量では、正常細胞にダメージを与えることがありません。
2004年と2006年、ウクラインの開発者であるワシル・ノヴィッキー博士は、ノーベル化学賞にノミネートされています。
クサノオウ(Chelidonium majus L.)は、薬草として、既に3000年以上、良く知られています。クサノオウから出る乳液は、主に皮膚のいぼ治療に用いられてきました。けれども、クサノオウの内科的使用は、その高い毒性のため、極めて限られていました。ところが、特許の製法によって開発された製品は、静脈注射による投薬が可能となり、しかも癌細胞との親和性を特徴としています。開発者は、祖国の名をとって、この製品をウクラインと名付けました。
ウクラインは、抗癌剤として、アラブ首長国連邦(登録番号4987-6179-1)、ヨーロッパの幾つかの国々(その一例はウクライナで、最初の認可が1998年10月18日、#3641、再認可が2003年9月2日、#3641)、メキシコ(登録番号036M2005 SSA)で認可されています。ウクラインは、アメリカ(認可申請#03-1693)とオーストラリア(ファイル004/009839)で、膵臓癌に対する稀少疾病用医薬品に指定されています。ウクラインは既に264回、国際化学療法学会、アメリカ癌研究協会、米国国立癌研究所、欧州癌研究治療機関の癌治療薬品に関する年次会議など、数多くの国際会議や学会で紹介されています。1997年、オーストリアのシドニーにおける第20回国際化学療法学会では、ひとつのセクションで、ウクラインのみがテーマとされています。ウクラインをテーマに、既に257に上る専門研究が公表されています。
ウクラインは、先ず何よりも専ら癌細胞にのみ作用する抗癌剤で、投与から数分以内に癌細胞に集中します。ウクラインは癌細胞の細胞死を引き起こしますが、化学療法と全く異なり、治療のための投薬量では、正常細胞にダメージを与えることがありません。
ウクラインは、血管新生阻害作用によって腫瘍部分を包み込み、こうして外科手術を容易にします。
ウクラインの薬効作用は極めてユニークなメカニズムを有し、この点で、他の医薬品と全く異なっています。ウクラインは、チューブリンの重合を阻止することによって、癌細胞の細胞死を誘導します。これによって、細胞生成がG2M期でストップします。このメカニズムは、ゲムシタビンから明確に異なっています(ゲムシタビンはピリミジンと同様の性質を有するものです。シチジンとは違い、ゲムシタビンはDNAのらせん構造の中に形成され、DNAの合成が止まります)。同様に、エルロチニブとも異なります(これはチロシンキナーゼを選択的に阻止するもので、ヒト皮膚成長因子受容体を経ての成長シグナル伝達を妨げます)。これら2つの医薬品と全く異なるウクラインは、従って革新的な作用メカニズムをもつものです。
加えてウクラインには免疫機能を活性化する作用があります。このため患者の総合的な状態を改善し、単に延命ばかりでなく、多くの症例で、病気からの回復に寄与しています。
ウクラインの投与許容量(TI)は1250で、通常の細胞増殖抑制剤の投与許容量1.4~1.8に比べて非常に高い数値であり、このため、癌細胞に対して有毒な投与量では、患者の身体には一切悪影響がありません。ウクラインを皮下注射しても何ら人体組織の壊死を起こさないのも、このためと考えられます。このユニークな特性は、様々な国々の専門家による多くの臨床研究で実証されています。これは、悪性細胞16例、正常細胞9例によるものです。
• ホーエンヴァルター他、1992年:ヒトの骨肉腫およびメラノーマ細胞;ヒトの臍部分静脈の血管内皮細胞。
• コルド他、2002年:ヒトの腫瘍細胞MDA-MB-231(胸部)、PA-TU-8902(膵臓)、CCL-221(大腸)、U-138MG(膠芽腫);ヒトの皮膚および肺の繊維芽細胞HSF1、HSF2およびCCD32-LU。
• ロブレフスカヤ他、2000年(抗癌リサーチ):ME180およびA431癌種細胞;HaCaTヒトの正常ケラチノサイト。
• ガリアーノ他、2007年:膠芽腫MI細胞T60、T63および膠芽腫。
• ハーバーメール他、2006年:ジュルカットA3 T-リンパ腫、カスパーゼ-9 DN 発現ジュルカット、カスパーゼ-8およびFADDネガティブ・ジュルカット、CD95/耐性ジュルカットA3、およびBcl-2発現ジュルカット細胞:ジュルカットJ16コントロール細胞、cFLIP-L発現ジュルカット細胞。
• パンツァー他、1998年:HeLaヒトの子宮頚部癌腫およびHs27(ヒト包皮の繊維芽細胞)、WHCO5(食道扁平上皮癌);グラハム293(ヒトの変形胚腎臓)。
22カ国の229人に上る専門家が、58の研究機関と国立大学で、ウクラインの効果について集約的に研究しています。その結果、ウクラインはチューブリン重合を阻止することが明らかとなりました(パンツァー、1998年、ラマダーニ、2000年)。こうして、サイクリンCDK1とCDK2アップレギュレーションを伴うG2/M期における癌細胞の細胞サイクルが停止するのです(ロブレフスカヤ他、2000年)。しかも癌細胞だけに選択的に細胞死を誘導します(ランヴァース=カミンスキー他、2006年)。これは、ミトコンドリアのカスパーゼ活性化によるもので(ハーバーメール他、2006年)、内在的細胞死反応によるものです(メンドーサ他、2006年)。つまり、ウクラインは、メタロプロテナーゼ構造のダウンレギュレーションを誘発するのです(ガリアーノ他、2006年)。
多くの前臨床研究が、ヒトの癌細胞に対する抗癌効果を証明しています。これにはシスプラチンに抵抗力を有する癌細胞も含まれています。最も重要な研究のひとつは、米国国立癌研究所(メリーランド州ベセスダ、USA)のものです。ここでは、8つのヒト癌細胞タイプから60の癌細胞によるスクリーニングパネルでウクラインがテストされ、テストされた全ての癌細胞に対する選択的毒性(癌細胞にのみ有毒)が証明されました。癌細胞の増殖を抑止する通常の抗癌剤は、癌細胞のみならず正常細胞にも有毒ですが、これに対しウクラインは、癌細胞にのみ有毒で、このため選択性抗癌剤と呼ばれます。
これらの前臨床研究は、ランダム化されコントロールされた臨床研究と臨床観察でも実証され、膵臓癌、大腸癌、前立腺癌、肺癌、乳癌、卵巣癌、胃癌、メラノーマその他の癌細胞に対する効果を発揮しています。
費用は1Aが25000円です
私自身にも点滴投与してみたが何の異常も感じなかった。

私に父親(膀胱癌)3度再発したので、(2度目の手術後)10回程高濃度ビタミンC点滴行い、担当医の先生に全身麻酔で癌の摘出手術を行ってもらったが、消失していた。以後10週(週1)投与おこなったが、再発は起きていない。
舌癌に使用したがインディバ(40℃以上)を併用すると縮小して硬化していた舌が柔らかさを触診で感じた、以後物が飲み易くなった。血液検査でリンパ球の比率が増加した。舌癌の場合使用すると
癌の部位にチクチクとした痛みを数分で感じ、点滴の効果が確認出来る。
こういった治療に興味を持ったのは、知人が喉頭癌 従兄弟が胃癌
で死んで、そこまでは癌ではしょうがないか、ぐらいの感想しか持たなかった。また知人に親が癌で手術後寝たきりになり。介護がきつくて、最後は”死んでほっとした”、といった本音が出て。人生の最後に苦しんで、手術後寝たきりになった場合は、本人と周囲の大変な精神的、経済的戦いになる事を感じた。しかし父親では意味が違ってくる。
過去に大学で口腔癌に手術に携わったて感じたのは、顎や顔 目が手術で除去され、外見的 機能的変化で患者は生活に大変な支障をきたす。
頚部郭清で総頚動脈や内頚動脈に損傷を起こしたり、術後
肺転移かと思われたり、頭頚部の大きな手術の結果に疑問を感じている。
他の大学でも手術後再発を繰り返し、死亡を聞いて、いったい手術だけの選択が正しいのか、疑問に感じるところである。
私が癌になったら、いったい何を選択するだろう?、まず手術と抗がん剤はなれべく避けたい、これを行ったら、仕事が出来なくなって、経済的破綻が考えられるからが大きな理由。それに苦しみたくない、しかも残り少ない時間になる可能性だから。周りの医師に聞いても末期だと抗癌剤は3ヶ月以上延命効果の有るのは無いといった本音を聞く。現在170万人の癌患者、70万人の新たな癌患者、35万人の癌死亡が現実。
ですから私はドイツでの治療法を選択しました。微力ですが。
蛇足ですが前立腺癌は約70% 膀胱癌は約60%の完全消失効果
全ての癌に対して80%程の治療効果 すい臓癌に対してアメリカ
で特殊な抗癌剤として認可を受けている。一般的な抗癌剤の様な
危険性が無いといった、特色を持つ。ウクラインで検索していただけば色々情報が出ます。興味が有ったら。

Tag: 抗がん剤 ウクライン 体に優しいがん治療 副作用無し 癌転移

a:17338 t:8 y:4

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional