インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

実録インプラント患者さん体験談

SiteNavigator
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google

Google

百聞は一見に如かず

人から何回も話を聞くより、直接見てしまったほうがよいことのたとえ。
「百聞」は百回聞くこと、「一見」は一回見ること、「如かず」は、及ばないということ。

口は食べるという人間が生きていく上で大切な基本機能が有り、 社会生活で話すと言う対人関係で重要な機能を司っている。

特に前歯が無くなっては外見的にも社会生活に支障をきたす人が多い。患者さん個人毎に色々な悩みの解決にインプラントが寄与していると思われる。

会話する事の大切さを語っていただきました。インプラントで、歯のがたつきや違和感は会話の妨げにナル事を強調されていました

前歯は大雑把に噛み砕き奥歯は細かくすりつぶす役割前歯が無いと格好付かないインプラントは口の中を改善した

静脈内鎮静してのインプラントは手術の記憶を残さないインプラントで粘着性の食べ物も食べられるようになった。歌うのに不自由が無くなった

非常に難しい症例だった。上は殆ど無くなったがほぼ元にもどった。インプラントで食べる制限が無くなった

総義歯の違和感がインプラントによって無くなった。食べるのに不自由は無くなった

強く噛める様になった。インプラントは一般に恐怖感が最初は有るようだ

歯がなくなって20年以上悩んでいた。インプラントで自然な状態を取り戻してきている。美容的な事の改善につながっているようだ。

上の総義歯がインプラントで固定ブリッジ。外見と機能の改善は心理的改善にもなる。無理な噛み方が改善され筋肉痛がなくなった

インプラントによって強く噛める様になって、健康になって体重増加した。歯のケアに注意するようになった

上下総義歯をインプラントで固定ブリッジで治療。歌を歌う事は上下総義歯では無理だった

インプラントで食べ物の制限が無くなり、入れ歯の煩わしさ無くなった。家族と外食で同じ物を食べられる

5年ほど経ってインプラントが生活の改善につながっている

インプラントでかみ合わせの改善が顎関節症の治療になった

入れ歯の煩わしさはインプラントで改善、顔が入れ歯を入れてて歪んだようだ。胃腸障害を入れ歯で起き、インプラントでしっかり噛め治った

歯周病は日常煩わしく抜かざるをえない歯が多数有ると、復元するためインプラントは口の中の改善になる

奥歯の無くなった患者さんのインプラントで復元

駄目な歯の治療に煩わされていたがインプラントで悩みが改善された

違和感がインプラントで改善された下の総義歯

発音障害 胃腸障害その他の改善

入れ歯が動いたり煩わしかった。恐怖感があったがインプラントの手術は思った程でも無かった。

駄目になったブリッジをインプラントで復元、入れ歯は嫌なので

上下総義歯は心理的 機能的の悪かったがインプラントは固定され改善した

入れ歯の違和感煩わしさ不潔感がインプラントで改善総義歯だった事を周りは気づかない

歯が一本も無くても強烈な噛む力がインプラントで出せる

a:4393 t:1 y:0

Tag: インプラント患者 インプラント患者体験談

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional