インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

インプラントについて

トップ

Google

インプラントとは

インプラントという言葉を聞いたことがありますか?これが、先ほどの入れ歯に変わる新しい方法です。具体的にどんなメリットがあるかといいますと・・・

 
 ① 従来、両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。

しかしこれではほかの歯にも負担がかかってしまいます。
インプラントでは、抜けた部分にのみ行うだけなので、他の歯を削る必要はありません。

従来の方法では抜けた歯の前後の歯を、金属の厚み約2mm程削ってブリッジを作るので、(硬いエナメル質は削られて無く象牙質になる)
凍みる、場合によって噛むと痛い、力が入らない、歯の寿命が短くなる、といった問題が生じる。
歯を喪失して前後の歯を半分以下に削り、場合によって神経を取ってブリッジを被せる様に処置する。その為歯の寿命は短く成る。そして歯の喪失の悪循環に陥る人が多い。

 ② たくさんの歯が抜けている場合

残っている歯だけでかむ力を与えなければ行け
ません。
この噛む力はとても大きなものです。一般に自分の体重と同じくらいといわれています。
インプラントにすると、元の噛む力取り戻すことが可能になり、また自分の歯への咬合圧が少なくなります。

 ③ 奥歯が抜けてしまった場合

従来の方法では取り外しをする入れ歯を使用していましたがインプラントにすることで、外さないですむブリッジが装着可能です。つまりしっかりと固定され、安心して食事ができることになります。また不意にはずれて落ちてしまったり、発音障害、違和感などを感じることもありません。

 ④ 歯槽膿漏(歯周病)になると

歯はグラグラで噛む事が出来なくなる、口腔内では同じ環境なので、多数歯が同時に無くなる。その際通常では大きな入れ歯になって、非常に違和感が強い。
健康な歯は簡単には抜歯出来ないが、歯周病でグラグラの歯は指で押しただけで、簡単に抜ける程に歯肉の下の骨との結合はホトンド無い。瞬間的に抜歯される。歯周病の歯は周囲に病巣を常に持ち、膿が骨の内部から出ていて、血管を介して全身に細菌感染する。つまり全身に影響有る病気と認知されている。噛む機能の消失と口臭等の不快感で抜歯の結果になる。 以後取り外しの入れ歯を入れると違和感は強く、その事で本人も歯の重要性と復元を考える事が多い。

簡単なインプラントですと手馴れた歯科医なら5分程で埋入可能です抜歯より簡単
インプラントが実際どの様な治療か知って治療を受けたい方の為に
下の動画を確認してください。殆ど何処も公開してないと思うので

下の動画について

上の顎は奥歯が無くて、最初インプラントで入れ歯から開放
後に前歯が歯周病で骨が破壊されインプラントで再度、回復し上顎は安定している。
後に下の歯が歯周病で崩壊して、再度インプラントで修復している。結論は歯周病に成って悪化すると、最終的に徐々に骨の破壊が進み、全体的にインプラントの必要に迫られる。(最初から全て抜歯したがらないので)
骨を観察すると、歯周病の悪化で大きな骨欠損が有るのが解る。
いかに歯周病の放置が、骨に悪影響を及ぼしているのが理解できると思う。

下の動画は前歯のインプラントを行っている所です。

骨は平らではなく、かといって平らに骨を削り落としてインプラントを植えたのでは、埋入させる為の骨も無くなり不可能。ですからCTで前もって確認の上 計測値の深さインプラント体をなるべく深く挿入して、強度を出す工夫が必要だと言う事です。
つまり個人毎状況は異なるのです。

インプラントで、取りはずしの入れ歯から開放されると、自然な感じになります。
インプラントの感想

自然な歯と違って力が有る人なら200kg程の力で噛めます(筋肉の出せる最大力で)

理論的に骨と癒着すると、インプラント体を引き抜く力は骨を破壊する力が必要です。自然の歯は歯根膜のセンサーによって、過度の力が働くと痛くてインプラント程の噛む力は出せません。
私は50~60kg
インプラント体の上は14本分の金属のフレームが連続していて、かなり強固な構造になっている。力は1本に集中しないで、10本のインプラント体受ける。ですから噛む力が強い人だセラミックが破損するほど強力な力で噛んでいる。(本人は意識していませんが)
下の患者さんは歯は何も無い

インプラントを埋入する上で経験から重要な事は

インプラント体(フィックスチャー)と骨との接触面積。
つまり接触面積が多ければインプラント体の出せる力は大きくなる(単純な事ですが)その為に極力太くて長いインプラント体(フィックスチャー)を埋め込む事。
ですから特に臼歯部位では太いフィックスチャーを植え込む事が重要。(噛み砕く力は特にフィックスチャーに強い力を及ぼす)
骨が細い場合フィックスチャー本数を沢山植えて力を分散させ
強度を高める事が必要となってくる。太いフィックスチャーが植えられない時は、深くフィックスチャーを植える必要がある、特に前歯部位では噛む力は上下で傾斜のベクトルがあるので。
上顎洞近くでは骨が薄かったり、上顎洞挙上した場合極力太いフィックスチャーの植え込みが重要で細いとかむ力に耐えられなく、動揺を起こす危険性を持つ。

a:10339 t:2 y:1

Tag: インプラント インプラント治療 インプラントブリッジ インプラント歯科 インプラント患者

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional