インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

αリポ酸と治療

MenuBar

Google

αリポ酸 チオガンマ

α-リポ酸とは

burning mouth syndrome 舌痛症に使用されている

αリポ酸自分に点滴元気ハツラツ

αリポ酸が抗酸化物質として優れている点

以下の事から歯周病に利用が可能
口腔癌に利用可能
α-リポ酸あるいはチオクト酸と呼ばれ細胞のミトコンドリア内でエネルギー産生に関与する。生体内で産生するのでビタミン様物質(必須)最近、ビタミンCよりも強い抗酸化物質として注目を集めている。国産の注射液は25mgのアンプルで100mgまでの使用(添加物の問題)適用は肉体疲労目的となっている。
運動 ダイエット 老化防止としてサプリとして服用される。
アメリカ他では糖尿病の神経障害に300mg~600mgの点滴として使用され、効果が確認されている。
高い血糖値の防止効果も合わせ持つ。
脳内に入り込み細胞損傷を防御する。これは抗酸化物質のフリーラジカルの減少効果によって細胞損傷を防止しているからである。
つまり糖尿病 白内障 緑内障 心臓病 脳卒中 肝炎 老化等に応用される。
アルファリポ酸点滴療法が適している病気
この点滴療法は糖尿病性神経障害、がんの代替医療、自己免疫疾患、肝炎・肝硬変に適しています。
私自身胃腸がきりきり痛い時(多分食べすぎ?)、足の関節痛、喉の違和感とかれ声の様な症状の時、試しに600mg点滴すると翌日にはかなり良くなっているのを、経験している。
歯周病や手術後の治癒促進に有効と考えている。
糖尿病で歯周病が悪化してくる様な場合には、特に有効と考えられる

αリポ酸点滴 水溶性と脂溶性の性質を持ち、強い抗酸化物質と知られている。ミトコンドリアのクエン酸回路で糖質代謝エネルギー変換効率を上げ
る。インプラント前の血液検査で血糖値 233mg/dl HgA1c 9.9 週1回 4週で 血糖値 120mg/dl HgA1c 5.5で正常化 インプラントの癒着に異常は起きていない。
糖質制限も行っています。自覚症状無い2型糖尿病で薬剤を服用したく無い患者例

以下点滴療法会より
(1)糖尿病性神経障害
糖尿病患者さんの2/3以上に糖尿病性神経障害があり、1/3にしびれ、痛み、勃起不全などの症状があります。既にアルファリポ酸の経口投与と点滴は糖尿病性神経障害の治療としてドイツを中心に欧州全域で保険診療が行われています。米国・ドイツ・ロシアの3カ国で実施された共同臨床試験で、アルファリポ酸の点滴療法と経口投与の組み合わせは糖尿病性神経障害を有意に改善すると報告されています。

(2)がん
これまでに膵臓がん、悪性リンパ腫などで有効な事例が報告されています。アルファリポ酸点滴療法単独、あるいは高濃度ビタミンC点滴療法、ナルトレキソン療法などと組み合わせます。
[参考論文]
Berkson BM et al. Integr Cancer Ther. 2007;6:293, & 2009;8:416.

(3)自己免疫疾患
アルファリポ酸点滴療法と低用量ナルトレキソン療法を組み合わせることにより、慢性関節リウマチ、SLEなどの自己免疫疾患を治療します。

(4)慢性肝炎・肝硬変
アルファリポ酸の点滴と抗酸化サプリメント(アルファリポ酸、セレン、シリマリン)を組み合わせて投与することにより、C型肝炎や肝硬変を改善します。米国のジュリア・スコーピック女史が代替医療に焦点を当てた著書「Honest Meicine(高潔な医学)」でアルファリポ酸点滴療法による肝硬変の治療について取り上げています。その中でニューメキシコ統合医療センターのバークソン博士のアルファリポ酸点滴療法で回復したメアリー・ジョーさんを紹介しています。ジョーさんは重度のC型肝炎による肝硬変で腹水が溜まり、医師から余命1年と言われていたのが、7年前にアルファリポ酸点滴療法により奇跡的に回復しました

ニューメキシコ統合医療センターのバートン M. バークソン 先生

より放射線被爆の治療について
「アルファリポ酸は放射線被曝障害に対し回復作用があることがチェルブノイリ原発事故の際にわかっています。アルファリポ酸の経口投与は子供が癌になるのを予防し、点滴はそれ以上の効果があります。」

バークソン先生、ハニハイキ先生、レヴィ先生、そしてデンマークのHancke先生からのアドバイス

を元に、今回のような過剰の環境放射線を浴びたとき、またそのような環境に長期にいる場合の成人の妊娠希望女性の将来の異常妊娠ならびに小児が癌にならないように予防をするための処方です。なお、下記は成人の量ですので小児は量を調整してください。なお、甲状腺へ放射能の吸収抑制するヨード摂取は必須です。

(1) アルファリポ酸 経口300-600mg/日 点滴600mg 週2~3回
(2) ビタミンC   経口リポスフェリックVC2-6包/日
        通常のVCサプリ 6-10g/日
        点滴 VC25g
(3) その他 セレン (4-800?g/日), 亜鉛 (30-60 mg/日), ビタミンB3
   (500mg/日)、さらにミトコンドリアの傷害を防ぐコエンザイムQ10
   (100-200 mg/日) 、L-カルニチン (1000mg/日)の服用を勧めます。

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦

東大アイソトープ研究所所長の児玉龍彦東大教授
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/people/staff-kodama_tatsuhiko.html

国会の無策と国会議員の無能 除染の膨大な経費 α線の肝臓がんとその他の危険性
放射性ヨウドの甲状腺がんの危険性 放射性セシウムの膀胱癌の危険性の経過は長期にわたる。
子供と妊婦に対して特に危険

福島第一原発3号機核爆発広島型原爆20発以上の放射性物質放出

費用は国産3000円ドイツ製(添加物無)300mg~600mg5000円
a:11072 t:1 y:1

Tag: αリポ酸 チオクト酸 リポアラン 抗酸化作用 歯周病 糖尿病 東大アイソトープ研究所所長の児玉龍彦東大教授国会の原発対応に満身の怒り 福島第一原発3号機核爆発広島型原爆20発以上の放射性物質放出

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional