インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

高濃度ビタミンC 外科処置治癒促進 口内炎治療 扁平苔癬 掌蹠膿疱症等

MenuBar

外傷に対して高濃度ビタミンC点滴にビタミンB群とラエンネック(プラセンタ)を混合して点滴すると治癒が促進される。インプラントや外科処置に対しても治癒は促進されるのが予測される。

扁平苔癬の症例では口の中に網目状の角化病巣や糜爛潰瘍が出来、非常に不快感と食事の困難が生じる。高濃度ビタミンCは改善させる

口の中の歯肉に深い潰瘍が多発していたのですが、高濃度ビタミンC点滴で治癒しました­。原因がハッキリしないので治療法も無く、色々な診療所で塗り薬を使用したけど効果は­無かった。もしかしたら、口腔内の金属が原因かも?

高濃度ビタミンC点滴効果

歯の金属は時として色々な症状を発生させるこの方は口の周囲から顔面にかけて発赤と腫脹で数年悩ましつずけて来た。高濃度ビタミンC点滴を4回程行ったら、症状は殆ど消えた。免疫の変化か
金属が体外に排除されたか。治療法がはっきりとしない場合や治療に効果がない場合高濃度ビタミンCは副作用も無く病状改善の可能性に試して悪くない手段だと思います。皮膚科ではアトピーと言われて治療されてましたが。歯科治療の観点から過食 嘔吐 拒食(拒食過食)等は精神科のスタビライザー(エビリファイ りスパダール リフレックス ドラール レキソタン等多種)の投与で苦しむ場合、ビタミンB群 ビタミンC MG CAをリンゲルに混ぜて点滴にその他アミノ酸 ミネラルの投与する事により口腔の正常な機能の回復例が有る。最初精神科で色々な病名が付けられ、例えばうつ病 双極性障害 人格障害 ADHD 何故か精神科医によって、同一人物にたいして病名が違う、それでは一体医学的根拠はなんなのか?(不思議に思いませんか)自発的にパキシルを止めた患者(逆に精神的に異常が出た)で普通に暮らしている。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional