インプラントセラミック審美歯科舌癌歯肉癌口腔底癌唾液腺癌口腔癌治療

インプラント7万円よりセラミック2万よりインプラント審美歯科恐怖感に静脈内鎮静法

歯科医の清掃指導の間違で歯が悪化

歯科医の清掃指導の間違で歯が悪化

Google

私のレントゲン写真です何も治療はしていない

32本正常なレントゲン写真です
私のレントゲン写真
何故?
それは非常に硬い歯ブラシでローリング法で清掃しているだけです
硬い歯ブラシ
持ち方は単純しっかりと持って歯をツルツルになるまでこする事だけです。
毛先は極硬で柄も固く直線(極細は最悪 柄が曲がっているのは言語道断
硬い歯ブラシのローリング法は歯科医に指導受けて行ってください。間違った事を行うと楔上の穴が歯にあきます
持ち方

歯科医自身も歯を治療している人が多い

歯が悪い歯科医は指導しても疑問に思いませんか?
私は60歳近いが自分で検証した結果を言っているだけです
バス法が良いなどと洗脳されている歯科医と患者は歯の悪化の悪循環から抜け出せないでいる。
バス法が良い方法であれば私の様なレントゲンを示せるはず
検証結果バス法は歯と歯周病に悪影響
歯周ポケットの内部は細菌だらけで歯科医が治療する部位で、ブラッシングでは清掃できない、柔らかい歯ブラシでは細菌感染の改善にならない。結果歯と歯周病の悪化に悩む人が多い(歯科医も含めて)歯科医は考えを改めるべきである。

理論的に正しくなくただ信じさせるだけなら、バス法は科学でなく単なる宗教で根拠が無い

清掃効果の無いバス法(ペンを持つように柔らかい歯ブラシで磨く方法)

清掃法の解説

虫歯と歯周病は細菌感染が原因
口腔内の細菌数を減らせばのその可能性は減少する
世間の常識(バス法)は現実の非常識
歯科医にバス法で清掃法を説明されたら治療した経験が無いか聞いてみてください。どう言い訳するでしょう?
昔から有るローリング法(硬い歯ブラシを使う)を患者に説明すると、患者の疑問は”歯と歯茎に悪くないですか?”と言った事が多い。しかし実行していただいた患者の感想は、口の中の清潔感が改善する。そして歯周病と虫歯の発生に関して非常に良くなる事、病気の悪循環が断ち切られる事。今まで歯の治療に悩んでいた無駄を感じる事が多い。

ストレプトコッカス・ミュータンスという連鎖球菌

虫歯の原因だが糖分をデキストリンに変える。粘着力が強く、歯の表面に付着すると取れにくい。ですから”柔らかいブラシで清掃してください”等と言った事はナンセンス。

歯周ポケットは歯ブラシでは清掃不可能

悪化すると細菌病巣は深く骨の周囲に有るのでブラシの清掃は不可能、歯科医の治療が必要。

a:4411 t:2 y:0

Tag: 歯を駄目にする磨き方バス法 歯科医も歯が悪い理由

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional