インプラントの際のソケットリフト

MenuBar


Google









インプラントの際のソケットリフトとは

上の顎ではその上方に副鼻腔である上顎洞が位置していて、
人によってはかなり大きくインプラントをそのまま、植え込みできません。
その際オステオトームと呼ばれる棒状の器具で、叩いて骨の位置を
上方に持ち上げ、10mm程のインプラントを挿入する空間を作り、
インプラント体を挿入します。上方に持ち上げられる距離はおよそ
5mm程です。ですからインプラント体は通常10mmを使用しますので、5mm程の骨が必要です。
下の動画はkトレフィンバーで本人の骨を集めて挙上した、空間にその骨を挿入してインプラント体を入れてるところ。
インプラントを埋入して時間が経ち、インプラントボディが骨と癒着した状態で、インプラント先端は残存している骨が少ないので、一層上顎洞の粘膜が乗っているだけとなる事も有る。レントゲンには軟組織は写らず、まるでインプラントが上顎洞に抜けている様に写る事がある。

ソケットリフトは細いオスレオトームから序々に太いのに変えて
インプラント体の入る穴を作る

インプラントを行った患者さんの感想です。上は総義歯からの修復
で、インプラントの際ソケットリフトは比較的行う頻度は高いです。

a:9625 t:2 y:1

Tag: インプラント インプラント手術 インプラント治療 インプラントソケットリフト